スポンサーリンク

フランス

フランス観光基本情報

投稿日:2018年2月27日 更新日:

フランスの観光に必要な基本情報をまとめました

フランス共和国  République Française(英語名)France
フランスの旗  左から青・白・赤のトリコロール
    1789年、国民軍司令官だったラ・ファイエットが、パリ国民軍の赤と青の帽章に、
    王家の象徴である白を加えたのがトリコロールの始まりです。
国歌  ラ・マルセイエーズ La Marseillaise
面積  約55万km2(日本の約1.5倍)日本は37.8万km2
人口  約6720万人(2018年) 日本の約1/2 (日本は1億2700万人)
首都  パリ Paris パリの20区の人口は、223万人(東京23区の人口合計は921万人)
体制   共和制
宗教   キリスト教カトリック教徒が65% その他イスラム教、ユダヤ教等
シェンゲン協定国 EU加盟国

フランス観光基本情報

フランスの国旗

お金
通貨は、通貨単位はユーロ 「ウーロ Euro」
補助通貨は補助通貨単位はセント「サンチーム Centime」1€=100¢
紙幣は5、10、20、50、100、200、500の7種類
硬貨は1、2、5、10、20、50、1ユーロ、2ユーロの8種類
両替は日本でするのがお得

チップ
【タクシー】おつりの小銭を渡すか、半端な数字を切り上げて渡す。
【レストラン】レストランのレベルにより、料金の5-10%か、料金の半端な数字を切り上げて渡すか、
おつりの小銭を渡す。
【ホテル】ホテルのポーターやルームサービスを頼んだときに€2~5

あいさつ
フランスでは、あいさつはとても大事です。
「こんにちは=Bonjourボンジュール」、「ありがとう=Merciメルシ」、
「さようなら=Au revoirオールヴォワール」この3つの挨拶は、どこでも必ず言いましょう。
そうすれば、気分良く接してくれます。
お店では、お客様から先にあいさつするのが礼儀です。

トイレ
公衆トイレは日本と違って、あまりありませんし、あまりきれいではありません。
しかも、有料の所が多いです。
観光施設内や、レストラン、カフェを利用して借りるのが普通です。
デパートでも、ギャラリー・ラファイエットは無料ですが、プランタンは有料です。
表示は女性は「Madameマダム」、男性は「Monsieurムッスィユー」

ビザ
観光目的で3ヵ月以内の滞在ならビザは不要。

免税入国時
ワイン4L、ビール16L、22度以上の酒1L、22度以下の酒2L,香水1瓶、紙巻タバコ200本

免税出国時
フランスではほとんどの商品にVATと呼ばれる付加価値税が20%(実は、ものによって税金が違います。)
課されており、旅行者は手続きをすれば、約12%の税金が戻ってきます。(一律ではありません)
免税条件は1回の買い物で€175.01以上の物を購入した場合。
返金方法は、現金かクレジットカード振り込みが選べますが、現金を選んでしまうと、空港で時間がかかって間に合わない場合があります。クレジットカード振り込みがお勧めです。

時差
日本との時差は8時間。サマータイム実施中は7時間の時差
サマータイム実施期間は3月の最終日曜のAM2:0010月の最終日曜のAM3:00

フライト
日本からフランス・パリまでのフライトは、直行便で、所要約12時間。
帰国の際のパリのCDG空港は、なんにでも、とても時間がかかるので余裕をもっていきましょう。

電圧とプラグ
電圧は220ボルト(V)で周波数は50ヘルツ(Hz)。
プラグはCタイプ。

DVD
リージョンコードは日本と同じ2ですが、方式が違います。
パソコンのみ再生できます。
ブルーレイディスクは、日本の地域コード「A」に対応していれば日本のプレーヤーで再生できます。




フランスのお水は硬水です。
水道水は飲用できますが、心配ならミネラルウォーター(eau minérale)を買いましょう。
炭酸入り(ガズーズ gazeuse)と炭酸なし(プラット plate)の2種類あり。
ですが、なかなか通じないので、炭酸入り(バドワ)炭酸なし(エビアン)と言えば
必ず通じます。どちらも、両方のフランスでは代表的な銘柄です。

電話
33(フランスの国番号)
緊急時 警察17・消防18・医者付き救急車SAMU(サミュ)15

郵便
フランス語で郵便局は「ラ・ポストLa Poste」
切手は、町なかにあるタバコ屋「TABAC」でも購入できます。
日本まで送る場合、はがきと封書が20gまで€1.3。

単位
日本と同じく、メートル法を採用しています。重さはグラム、キロ、液体はリットル。

お店
【一般の商店】月~金10:00~19:00、日祭日は休業する店が多い。
【レストラン】昼12:30~14:00、夜29:30~23:00。
スーパーは普通、日祭日は休みです。
日曜日に必ずやっているお店は、パン屋さんと花屋さん。
バカンスシーズンは、お休みのお店やレストランが増えるので要注意です。

飲酒・喫煙
飲食店の建物内は全面禁煙ですが、屋外は喫煙可。違反者は€68の罰金。
16歳未満の飲酒は禁じられています。喫煙に関しての法律はありません。

治安
スリ、置き引き等、観光客を狙った犯罪がとても多いので注意要!
ジプシーの子供たちによる、アンケートスリがとても多いです。
アンケートお願いしますといって記入している間に、サイフをすって逃げます。
無視するのが一番!

挨拶のフランス語
ありがとう  Merciメルシ
おはよう/こんにちは  Bonjourボンジュール
こんばんわ  Bonsoirボンソワール
さようなら  Au revoirオ ルヴォワール
はい/いいえ Ouiウィ、Nonノン

日本大使館 Ambassade du Japon
住所:7, Avenue Hoche, 75008, Paris, France
電話:(33-1)4888-6200
Fax:(33-1)4227-5081
https://www.fr.emb-japan.go.jp/jp/

フランスに個人で安く行くには?

結論として、おすすめはエクスペディア。航空券とホテルをセットで買うと安いです。
Skyscanner(格安航空券の検索サービス)で格安航空券を探しつつ、申し込みする際はExpedia からホテルをセットにして予約しましょう。


航空券⁺ホテル 海外旅行エクスペディア




スカイスキャナーで航空券比較検索

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-フランス
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした

プロフィール

ごほうびネットはこんな人
海外添乗員をしています。
世界の各地から旅行の情報を
お伝えします。

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。