スポンサーリンク

フィンランド

タンペレの観光と歴史 ムーミン博物館とタンペレ大聖堂 フィンランドTampere

投稿日:2020年1月23日 更新日:

タンペレの観光と歴史 ムーミン博物館とタンペレ大聖堂 フィンランドTampere

タンペレ ムーミン博物館中庭

タンペレの観光と歴史 ムーミン博物館とタンペレ大聖堂 フィンランドTampere

タンペレTampereはヘルシンキから鉄道で1時間半の湖水地方に位置し、北のナシルヴィ湖と南のピュハヤルヴィ湖という二つの湖に挟まれ、いかにも森と湖の国フィンランドにぴったりの町です。二つの湖は高低差が18mもあり、この落差を利用した水力発電によって、タンペレはフィンランド第二位の工業都市として急速に発展しました。
人口211,691人

タンペレの歴史

18世紀後半、スウェーデン王のグスタフ3世のもとでタンペレは誕生しました。フィンランドが帝政ロシアに支配された後、紡績業などを中心に工業が発達しました。1876年には鉄道も開通しています。町の発展と共に、労働者も増えてゆき、フィンランドにおける労働運動、そして社会主義・共産主義運動の中心地になりました。レーニンは、タンペレで最初にスターリンに会ったそうです。その為、世界で唯一のタンペレ・レーニン博物館ができました。1917年には亡命中のレーニンがこの地で『国家と革命』を執筆しています。1918年には、フィンランド内戦で最大の戦いが、タンペレで起こりました。
第二次世界大戦後には周辺地域を吸収してタンペレは大きくなっていきました。この時期までは繊維産業や金属産業が盛んでしたが、1990年代にはノキア(NOKIA)などのIT産業や電気通信産業が中心になりました。
タンペレ周辺には4つの大学があり、約4万人の学生が暮らしています。


タンペレの観光

タンペレの見どころは駅の西側に集中しています。徒歩でも回ることができます。

タンペレ大聖堂(Tampere Cathedral)

タンペレ大聖堂(Tampere Cathedral)

タンペレ大聖堂(Tampere Cathedral)

タンペレ大聖堂はラールス・ソングによって設計され1902~1907年に建築されました。建築スタイルは、フィンランド・ロマン主義建築で、当時は聖ヨハネ教会と呼ばれていました。外観は可愛らしい教会ですが、内部が通常の教会とは違う趣の教会です。通常は、キリストや聖母マリアが聖書のお話を元に教会内に描かれているかと思いますが、そういう絵はありません。かわりにマグヌス・エンケルによって描かれた、祭壇画や、ヒューゴ・シンベリのが手掛けた、祭壇横に飾られている「死の庭園」、二階席に飾られた「傷ついた天使」など有名なフレスコ画を見る事ができます。礼拝堂を一周、裸の少年達が花輪を運んでいる壁画が描かれているのも賛否両論あったようです。天井にはとぐろを巻いた蛇が描かれています。2000人を収容でき、結婚式やコンサート会場としても人気があります。

傷ついた天使

傷ついた天使

タンペレ大聖堂 (英:Tampere Cathedral)
■ 時間:10~15時 (夏季は17時まで)
■ 定休日: なし
■ 料金:無料
■ 英語公式サイト: https://tampereenseurakunnat.fi/sivustot/in_english

ムーミン美術館 (Moomin Museum)

ムーミン美術館 (Moomin Museum)

ムーミン美術館 (Moomin Museum)

ムーミン美術館は、2017年にタンペレホール内にリニューアルオープンしました。
ムーミンの作者「トーベ・ヤンソン」が描いた約400点の原画、「トゥーリッキ・ピエティラ」による物語の名シーンを再現した模型などが展示されています。ほぼ全ての展示に日本語の解説がありますので、言葉の心配もいりません。
特に5階建てのムーミン屋敷の模型は、細部にわたって作られていて必見です。
ムーミングッズが買えるミュージアムショップもあります。
外の中庭のムーミン像や、入口付近など一部の写真スポット以外、美術館の内部の撮影は禁止されています。

ムーミン美術館 (Moomin Museum)
時間:火〜水 09:00〜17:00/木〜金 09:00〜19:00 /土日 10:00〜17:00
定休日:月曜日
料金:大人12 ユーロ、子供6 ユーロ(3歳以下無料)
日本語公式サイト:https://www.muumimuseo.fi/ja/

タンペレのホテル一覧

私が実際に宿泊したことのあるホテルはホリデイ イン タンペレ セントラル ステーションです。ホリデイインにしては、おしゃれな感じで、夕食もホテルでたべましたが、おいしかったです。ゴウジャスなホテルではありませんが、駅に近かくて便利なのでおすすめです。
タンペレのホテルの一覧はこちらです。↓

これからパパやママになる方に「フィンランド・ベイビー・ボックス」

フィンランドでは、出産を控えた方に、出産の準備用品が政府から送られます。
それと同じものを購入できます。
ベイビーのニット製のミトン、ハット、マットレス、シーツ、寝袋からお風呂用温度計、
爪切り、再利用可能のブラパッドなどなど、51種類のベイビー商品一式を備えていて、
フィンランドの首都、ヘルシンキ近くの小さな島 の倉庫から、ボックスを手作業で梱包し、
世界中のパパ・ママに発送しています。
デザインは、北欧柄、ムーミン柄をお選びできます。
出産準備・出産祝いに最適です。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

-フィンランド
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ヘルシンキの歴史と観光 フィンランド(HELSINKI)

ヘルシンキの歴史と観光 フィンランド(HELSINKI)

ヘルシンキの歴史と観光 フィンランド(HELSINKI) ヘルシンキの歴史と観光 フィンランド(HELSINKI) フィンランドの首都 ヘルシンキは、フィンランド最大の都市であり文化、経済、政治の中心 …

ムーミンワールド フィンランド ナーンタリ NAANTALI

ムーミンワールド フィンランド ナーンタリ NAANTALI ムーミンワールドは、中世のスエーデン語で優美な谷という意味の町「ナーンタリ」にある小さな島、カイロ島をまるごと利用して、ムーミンの世界であ …

フィンランド観光基本情報

フィンランド観光基本情報

フィンランドの観光に必要な基本情報をまとめました。 フィンランド共和国(スオミ共和国)Suomen Tasavalta(英語名 Republic of Finland) 国歌  わが祖国(Maamme …

かもめ食堂

行ってきました!なんと!かもめ食堂はフィンランドのヘルシンキに本当にありました!

フィンランドのツアーの自由時間を使って、行ってみたかったかもめ食堂に行ってきました。内装は、映画のお店とは違っていましたが、北欧のインテリアがすてきな、 おしゃれなお店でした。 かもめ食堂 かもめ食堂 …

プロフィール

ごほうびネットはこんな人
海外添乗員をしています。
世界の各地から旅行の情報を
お伝えします。

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。