スポンサーリンク

スロバキア

スロバキアの首都ブラチスラバのおすすめ観光名所

投稿日:2019年8月23日 更新日:

スロバキアの首都ブラチスラバのおすすめ観光名所

スロバキアの首都ブラチスラバのおすすめ観光名所

スロバキアの首都ブラチスラバのおすすめ観光名所

ブラチスラバは、スロバキアの首都で、スロバキアの政治、文化、経済の中心都市となっています。スロバキアは、1993年にチェコとの連邦制を解消し、スロバキアという国になりました。ドナウ川に面したブララチスラバは、チェコスロバキアになる前は、長い間ハンガリーに属していました。1536年、当時のハンガリーの首都だったブダがオスマントルコに攻め落とされたときにはブラチスラバがハンガリーの首都となりました。1563年から1830年までは聖マルティン教会でハンガリー王の戴冠式が行われました。ここで即位したハンガリー王は11人。女王は7名もいます。マリア・テレジアも、23歳の時に、ここで戴冠式をしました。近郊では、古くからブドウが栽培されワインの産地としても知られています。町の中心には、旧市街が美しく保存され、町そのものが見どころとなっています。
その、ブラチスラバの観光名所をご案内します。
ブラチスラバ417,389人 標高126 – 514m


ブラチスラバの観光名所

ブラチスラバの観光ではバスは市内に入れません。ツアーの場合はバスの乗降はパークインホテル前が多いです。観光は、徒歩での観光が可能です。旧市街でトイレに行きたくなったら旧市庁舎時計塔左の道を入って突き当りを左にいった左側に公衆トイレがあります。料金は30セントです。(お釣りもくれます。)ここ以外の公衆トイレは50セントです。2019年現在

ブラチスラバ城 Bratislava Castle

ブラチスラバの丘の上に建っている、白いお城がブラチスラバ城です。四角いお城の四隅の塔がテーブルの脚に見えるため、“ひっくりかえしたテーブル”というあだ名がついています。
12世紀にロマネスク様式で建てられた石造りのお城が、1431-34年にゴシック様式の要塞に改築されました。
やがて、オスマントルコの侵略に備えて、防備が強化され、4つの塔が建てられました。
16世紀には、ハンガリーの首都となったブラチスラバの象徴となり、18世紀にはマリア・テレジアの居城ともなりました。しかし、政治の中心が、ブダペストやウィーンに移ってしまい、城の価値も下がっていき、ナポレオン時代の1811年に当時の衛兵の不注意によって大火災が起きてブラチスラバ城は荒廃し放置されていましたが、第二次大戦後の1953-1968年にかけて復旧されました。

場内は歴史博物館になっていて、城の歴史やチェコスロバキアの皇族にまつわる展示を見ることができます。城のある丘は整備されていて、公園のようになっています。城内に入場しなくても敷地内は自由に入ることができ、ブラチスラバの旧市街やドナウ川もきれいに見渡せます。

ブラチスラバ城 Bratislava Castle

ブラチスラバ城 Bratislava Castle

ブラチスラバ城 Bratislava Castle
歴史博物館 Historické múzeum v Bratislave

営業時間:夏季(4月1日〜10月31日)火〜日: 10:00-18:00
冬季(11月1日〜3月31日)火〜日: 10:00~17:00
休日:月
料金:大人7€ シニア(65歳以上)4ユーロ 学生 4ユーロ
カメラ代 2ユーロ
住所:Zámocká, 811 01 Bratislava-Hrad
アクセス:Staromestska スタロメストスカー通り沿いにいくつか丘を登る道があるので、道なりに行く。

ミハエル門 Michael Gate

旧市街はもともと城壁に囲まれていました。いくつか設けられていた門のうち、唯一現在まで残されているのがミハエル門です。高さは51mあります。ミハエル門は、14世紀にゴシック様式で建てられたもので、16世紀になってから、現在みられるようなルネッサンス様式に改築されました。バロック様式の屋根は、18世紀に付け加えられたものです。
塔の部分は、武器博物館になっていて、中世の武器や武具が展示されています。最上階のテラスからは、旧市街が眺められます。
ミハエル門は、スロバキアの0地点で、城門の下の所に標識が埋められています。

ミハエル門 Michael Gate

ミハエル門 Michael Gate

武器博物館 MUSEUM of Arms, Michael´s Tower
営業時間:火から金 10:00-17:00 土・日 11:00-18:00
休日:月
料金:大人: 5,00 € 子供(6歳~14歳)・シニア・学生 3€
住所:Michalská street 22,Bratislava

フラヴネー広場 (中央広場) Main Square

フラヴネー広場は、ブラチスラバの旧市街の中心に位置するとてもきれいな広場です。広場の東側に建っているのはゴシックとバロックの2つの様式からなる時計塔のある旧市庁舎です。現在は、市歴史博物館として使われています。中ではこの町の歴史に関する展示が見られます。その隣はワイン醸造博物館で、巨大なブドウ絞り機などが見られます。
旧市庁舎向かって右側には日の丸が出ている日本大使館があります。日本大使館の1階はお土産屋さんです。日本大使館の隣りはギリシャ大使館です。その向かいにはフランス大使館があります。フランス大使館の前にはベンチの後ろにナポレオン像があります。
旧市役所の向かい側は美しいアールヌーボーの館と新古典様式の家が並び、その右手の緑の建物はグリーンハウスと呼ばれ、昔ワインを売っていた所で、破風に名残のレリーフが見られます。
市役所のある広場と隣りの広場は建物内のトンネルみたいな通路で結ばれています。左手は新市庁舎、右手のピンクの建物は大司教の館です。 大司教の館の上には、枢機卿の帽子があります。帽子の大きさは1.8m、重さは150kgです。CIの文字がありますが、ラテン語のクレメンシア・イスティッツァの略で、意味は親切と正義、マリア・テレジアの好きな言葉だったそうです。
大司教の館の中庭にはゲオルグの像があり、龍は頭が3つあります。それは、1-3月の冬の暗黒の月を退治しているという意味です。4月になれば春になり4月24日はゲオルグの日、お祭りになります。

フラヴネー広場 (中央広場) Main Square

フラヴネー広場 (中央広場) Main Square

市歴史博物館 Museum of the City of Bratislava
営業時間:火から金 10:00-17:00 土・日 11:00-18:00
休日:月
料金:大人: 5,00 € 子供(6歳~14歳)・シニア・学生 2.5€
住所:Primaciálne námestie 3,Bratislava
公式ブラスチラバ博物館サイト:
営業時間や料金などの最新情報はこちらのサイトから調べられます。
www.muzeum.bratislava.sk/

聖マルティン教会 St Martin’s Cathedral

14世紀に初期ロマネスク様式で建てられました。塔は85m。ステンドグラスが美しい教会です。
屋根の上には十字架ではなく王冠が飾られています。王冠は高さ1.5m重さ350kgで、王冠の下の座布団は、2m四方の大きさがあります。周りに張り付けた金の重さは7kgです。1563年から1830年までは聖マルティン教会でハンガリー王の戴冠式が行われました。マリア・テレジアもこの聖マルティン教会で戴冠式を行いました。

聖マルティン教会 St Martin’s Cathedral

聖マルティン教会 St Martin’s Cathedral

聖マルティン教会 St Martin’s Cathedral
営業時間:月~金 9.00 – 11.30 & 13.00 – 18.00
土 9.00 – 11.30 日13.45 – 16.30
料金:無料 任意で寄付
住所:Rudnayovo námestie 4549/1, Bratislava
聖マルティン教会公式サイト
dom.fara.sk/index.php/sk/

UFO

ドナウ川にかかるブラチスラバ橋の上には、高さ95mのUFOのような形ものがあります。これは、その名もUFOという名前の展望台・レストランです。UFOの下にエレベーターがあり、45秒で上に上がれます。レストランを利用すれば、展望台は無料です。

UFO

UFO

UFO
営業時間:10:00~11:00無休
料金:大人€7.4 学生€5.95 子供15歳まで€4.95 元旦は別料金になります。
住所:Most SNP 1, 851 01 Petržalka,
UFO公式サイト
https://www.redmonkeygroup.com/en/index.html

のぞき屋チュミルの像 Man at work

のぞき屋チュミルの像 Man at work

のぞき屋チュミルの像 Man at work

ブラチスラバには、おもしろい像がありますが、そのうちの1つがこののぞき屋チュミルの像です。チェコスロバキア時代1997年に設置されました。男がマンホールから顔を出している像です。よく見ると横の道路標識は工事中のサインで、工事中の男がさぼって行き交う人、女性の足な ど眺めている姿を表現しています。この像はとても人気があって、いつも写真を撮る人でにぎわっています。

ハビエスドスラブ広場

ダニューブホテルの裏手の並木のある広場です。突き当りが旧スロバキア国立劇場です。
劇場前の広場は地面がモザイク模様で作られていて、劇場よりは花、手前は町の紋章の3つの城、地下は駐車場になっています。

旧スロバキア国立劇場 Slovakia National Theatre<

旧スロバキア国立劇場 Slovakia National Theatre

旧スロバキア国立劇場 Slovakia National Theatre

ハピエスドスラブ広場にある、オペラ座、バレエ、劇の3つの劇場からできている、1920年に設立されたスロバキア最大の劇場です。他の場所に新しい劇場ができたため、こちらを旧スロバキア国立劇場と呼んでいます。今でも毎日、オペラやバレエなどが行われています。
劇場に向い右手はブラチスラバフィルの本拠地のコンサートホールです。

JTBのツアーに参加してブラチスラバに行こう!

中欧に行くツアーはたくさんありますが、スロバキアのブラチスラバを観光するツアーは多くありません。
JTBのツアーにはブラチスラバを観光するツアーがありますので、ご一考ください。



◆ 海外旅行・ツアーを探すなら、JTB海外ツアー予約へ。
海外旅行はJTBで。安心と信頼のルックJTBや、お手頃価格が魅力のJTBお買得旅、ネットのみ掲載の Web専用商品など、海外ツアーの検索・予約ができます。
詳細はこちら ⇒https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZJ66H+G4HOD6+15A4+1HNSR7

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-スロバキア
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スロバキア観光基本情報

スロバキア観光基本情報

スロバキアの観光に必要な基本情報をまとめました スロバキア共和国Slovenská Republika(英語名)Slovakia 旗   白・青・赤の3色旗に、国章が置かれる 面積  4万9037km …

プロフィール

ごほうびネットはこんな人
海外添乗員をしています。
世界の各地から旅行の情報を
お伝えします。

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。