スポンサーリンク

フィンランド

フィンランド観光基本情報

投稿日:

フィンランドの観光に必要な基本情報をまとめました。

フィンランド共和国(スオミ共和国)Suomen Tasavalta(英語名 Republic of Finland)
国歌  わが祖国(Maamme)
面積  33万8435km2(日本の約94%)日本は37.8万km2
人口  約552万人 (日本は1億2700万人)
首都  ヘルシンキ Helsinki
政治体制  共和制
宗教   プロテスタント
シェンゲン協定国 EU加盟国
フィンランドの国旗  白地に青十字。青は空と湖、白は雪、そしてキリスト教の十字を表している。

フィンランドの国旗

フィンランドの国旗

お金
通貨は、通貨単位はユーロ
補助通貨は補助通貨単位はセント1€=100¢
紙幣は5、10、20、50、100、200、500の7種類
硬貨は1、2、5、10、20、50、1ユーロ、2ユーロの8種類
両替は日本でするのがお得
チップ
チップの習慣はありません。
トイレ
トイレは有料の所が多いです。大体1€くらいです。ドアの所にお金を入れて開けるシステムです。ただ、ヘルシンキの街中のストックマンデパート、カンッピショッピングモール、市役所は無料なので便利です。
フィンランド語でトイレはVessa(ヴェッサ)ですが、英語やイラストで表示されているところがほとんどです。
まれにある、フィンランド語での男女の表示は
女性用はN/nainen(ナイネン)、
男性用はM/mies(ミエス)、
頭文字のNとMだけの表示の場合もあります。
ビザ
観光目的で3ヵ月以内の滞在ならビザは不要。
免税入国時
ワイン2L、ビール16L、22度以上の酒1L、22度以下の酒2L,香水50m 、紙巻タバコ200本
免税出国時
フィンランドではほとんどの商品にVATと呼ばれる付加価値税が24%(食料品は、14%。)
課されており、旅行者は手続きをすれば、最大約16%の税金が戻ってきます。(一律ではありません)
免税条件は1回の買い物で€40以上の物を購入した場合です。
ヘルシンキから帰国の場合:商品は手荷物でもスーツケース収納でも可能。
手荷物であれば、手荷物検査後の出国手続きの手前(ゲート29付近)で、直接Global Rfdのカウンターに行き、払い戻ししてもらうクレジットカードを登録してもらいます。現金払い戻しの場合は€3の手数料を取られます。税関印は不要です。
時差
日本との時差は7時間。サマータイム実施中は6時間の時差
サマータイム実施期間は3月の最終日曜のAM2:0010月の最終日曜のAM3:00
フライト
日本からヘルシンキまでのフライトは、直行便で、所要約9時間30分。
電圧とプラグ
電圧は220/230Vボルトで周波数は50ヘルツ(Hz)。
プラグはCタイプ。
DVD
リージョンコードは日本と同じ2ですが、方式が違います。
パソコンのみ再生できます。

フィンランドのお水は日本と同じ軟水で、すごくきれいな水ですので、水道水がそのまま飲めます。
スーパーなどで購入する場合は、炭酸水が多いので注意してください。
炭酸入り(Hiilihapollinen(ヒーリハポッリネン)Kivenna”isvesi(キヴェンナイスヴェシ)
炭酸なし(Hiilihapoton(ヒーリハポトン))
ちょっと難しいので、私は触ってみて、堅いものは炭酸、ペコペコしている物は炭酸なしと判断しています。
味のついたお水もよく見かけます。
電話
358(フィンランドの国番号)
緊急時 警察・消防・救急車共通112
郵便
郵便局は「ポスティ Posti 」フィンランドの郵便物は、日本まで送る場合、はがきと封書が20gまで1LK.の切手1枚を貼ればOK.です。値段は良く変わるので、だいたい1.5€位を目安にしてください。
単位
日本と同じく、メートル法を採用しています。重さはグラム、キロ、液体はリットル。
お店
ヘルシンキの中心は日曜日もやっている店は多い。地方は日曜日休みが多い。
飲酒・喫煙
飲酒に関しては、お酒の度数によって違い、通常のアルコールは18歳から、強いお酒は20歳からになります。ビールやワインはスーパーでも購入できますが、強いお酒(アルコール度数4.7%以上)は国営のリカーショップ、アルコ Alkoでしか購入できません。
喫煙は18歳からになります。
タバコは、かなりの税金が含まれているので高いです。また、喫煙法があるため、公共の施設での喫煙はできません。ホテル・レストランも禁煙です。
治安
治安は良好ですが、スリ、置き引き等、観光客を狙った犯罪に注意!
挨拶のフィンランド語
ありがとう  キートス
おはようございます フオメンタ
こんにちは  パイヴァー
こんばんわ  イルター
さようなら  ナケミーン
はい/いいえ キュッラ/エイ
フィンランドでは、ほとんどの人が英語が話せます。
日本大使館 Embassy of Japan
住所:Unioninkatu 20-22(5F), Helsinki, Finland
電話:(358-9)686-0200
Fax:(358-9)633012
在フィンランド日本大使館公式ホームぺージ
https://www.fi.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

パッケージツアーではなく、こだわりのあるフィンランドの旅行をしたいという方

タウンライフ旅さがしで検討してみたらどうでしょうか?

「タウンライフ旅さがし」は海外旅行見積もり・プランの一括問い合わせサイトです。
完全無料で複数の旅行会社へ一括で見積り依頼・問い合わせをすることができます。
行きたい旅行について簡単なお問合せフォームに入力し、旅行会社を選択・提案依頼を送信するだけで、
各地域を専門に取り扱う旅行会社が日程や予算等、お客様のご要望に合わせて最適なプランを無料で作成・提案してくれます。

全く同じ条件でも旅行会社によって料金やプランは異なりますので、
複数の旅行会社へ問い合わせすることは非常に重要です。

1社1社個別で問い合わせをする面倒がなく、
簡単に一括で問い合わせが出来る「タウンライフ旅さがし」を是非ご活用ください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-フィンランド
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ムーミンワールド フィンランド ナーンタリ NAANTALI

ムーミンワールド フィンランド ナーンタリ NAANTALI ムーミンワールドは、中世のスエーデン語で優美な谷という意味の町「ナーンタリ」にある小さな島、カイロ島をまるごと利用して、ムーミンの世界であ …

タンペレの観光と歴史 ムーミン博物館とタンペレ大聖堂 フィンランドTampere

タンペレの観光と歴史 ムーミン博物館とタンペレ大聖堂 フィンランドTampere

タンペレ ムーミン博物館中庭 タンペレの観光と歴史 ムーミン博物館とタンペレ大聖堂 フィンランドTampere タンペレTampereはヘルシンキから鉄道で1時間半の湖水地方に位置し、北のナシルヴィ湖 …

ヘルシンキの歴史と観光 フィンランド(HELSINKI)

ヘルシンキの歴史と観光 フィンランド(HELSINKI)

ヘルシンキの歴史と観光 フィンランド(HELSINKI) ヘルシンキの歴史と観光 フィンランド(HELSINKI) フィンランドの首都 ヘルシンキは、フィンランド最大の都市であり文化、経済、政治の中心 …

かもめ食堂

行ってきました!なんと!かもめ食堂はフィンランドのヘルシンキに本当にありました!

フィンランドのツアーの自由時間を使って、行ってみたかったかもめ食堂に行ってきました。内装は、映画のお店とは違っていましたが、北欧のインテリアがすてきな、 おしゃれなお店でした。 かもめ食堂 かもめ食堂 …

プロフィール

ごほうびネットはこんな人
海外添乗員をしています。
世界の各地から旅行の情報を
お伝えします。

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。