スポンサーリンク

南西フランス

ロカマドゥールの観光と歴史 世界遺産 南西フランス 巡礼地

投稿日:

ロカマドゥールの観光と歴史 世界遺産 南西フランス 巡礼地

ロカマドゥールRocamadour

ロカマドゥール Rocamadour の観光と歴史 世界遺産 南西フランス 巡礼地

ロカマドゥールは南西フランス・ミディ・ピレネー地域の北、ケルシー地方を流れるアルズー川 Alzou の渓谷の切り立った断崖にある住民600人余りの村です。

ロカマドゥールの名称は聖アマドールの名にちなみ、「ロック・デ・アマドゥール(アマドゥールの岩)」
からきています。
奇跡をもたらす「黒い聖母子像」と「アマドゥールの聖遺物」が有名で、中世以来、スペインのサンチアーゴ・デ・コンポステーラへのフランスの巡礼の地としてロカマドールは、現在、UNESCO世界遺産に登録されています。

フランス国内ではモン・サン・ミッシェル修道院、パリ・エッフェル塔、ヴェルサイユ宮殿に次いで第四番目の人気スポットになっていて、年間150万人の観光客が訪れています。



ロカマドゥールの観光

ツアーの場合、崖の上のお城に近い駐車場でバスの乗降となります。
ガイドさんともここで会う事が多いと思います。
添乗員さんへ:エレベーターのチケットは駐車場の所の観光案内所で購入、バウチャー交換できます。個札です。
トイレは、この駐車場とエレベーター乗り場上・中・下の3か所にあります。(有料50¢)
観光は、サンクチュアリ(聖域)まで、徒歩で下り(約10-15分)、サンクチュアリで解散し、
各自、駐車場に集合です。
サンクチュアリで解散後、大階段を下りて門前町を散策し、また歩いて登るのは大変なので、有料ですが門前町からサンクチュアリまで(2.1€)サンクチュアリから駐車場まで2つのエレベーターを乗り継いでいくと楽です.
門前町の乗り場でチケットは購入できます。

三層構造のロカマドゥール

中世の時代から、ロカマドゥールの村は崖の頂上の城、中腹の聖域、その下の門前町という
3つの階層に分かれていました。
騎士は最上階に住み、聖職者たちは中間層に、川のほとりに労働者が住んでいました。
駐車場から、すぐの所にある(岩崖一番上)の建物は、司教の住まいであった修道院付属の司教シャトー城館です。
そこから、坂道・「十字架の道 Chemin de Croix」を下っていくとマルシアル門 Porte St Martial があり、そこから先が聖域(サンクチュアリ)です。
また、駐車場の先は、中世には巡礼者救護所(病院)があったことから、「ロスピタレ L’Hospitalet=巡礼者救護所」と呼ばれた地区で、ロカマドゥールの庶民が住む「上の市街」があったところです。

ロカマドゥールの「聖域」サンクチュアリ

ロカマドゥールの「聖域」サンクチュアリ

ロカマドゥールの「聖域」サンクチュアリ

聖域には、有名な「黒い聖母子像」を奉る「奇跡の礼拝堂」とも呼ばれる、石積み構造のノートルダム・聖母マリア礼拝堂、、聖ソヴール教会堂、大天使聖ミカエル礼拝堂、聖アマドール礼拝堂、洗礼の聖ヨハネ礼拝堂など、多くの聖堂と宗教施設が互いに連結するように、建てられています。

ノートルダム・聖母マリア礼拝堂 Chapelle Notre-Dame)

ノートルダム礼拝堂内部の黄金装飾の祭壇の最上部に納められているのが、中世の頃から奇跡を起こすと伝えられている木製の「黒い聖母子像」です。
聖母子像は12世紀のものとのことですが、一説では、2,000年前、イエスの処刑の後、ユダヤの地エルサレムを追われた聖アマドールが「最初の像」を当地へ持ち運んで来たとも言われています。
聖母マリアは王冠を被り、その左膝に冠の幼いイエスを乗せています。
中世の時代には、聖母マリアは船乗り達の守護聖人でもあり、船乗り達が挙ってミニチュアの奉納船を携えてロカマドゥール巡礼に訪れたとされ、今でもその奉納品の一部が残されています。
聖母マリア礼拝堂近くに、長い年月の間に錆びてしまっていますが、伝説の勇者ローランが持っていたとされる、大天使ミカエルが運んで来た聖剣≪デュランダル≫が刺さったまま残されています。
聖剣の下の方、聖母マリア礼拝堂の入口の直ぐ左側、現在、鉄格子枠で保護されている所が聖アマドゥールの遺骸の見つかった墓です。

ロカマドゥールの黒い聖母子像

ロカマドゥールの黒い聖母子像

聖ミカエル礼拝堂

聖母マリア礼拝堂の左隣に建っているのが聖ミカエル礼拝堂です。
その見上げる外壁最上部には大天使ガブリエルとマリアを描く「受胎告知」、そして、聖母マリアが洗礼の聖ヨハネの母親エリザベートを訪ねるところを描いた12世紀のフレスコ画が見られます。

聖ソヴール教会堂

聖母マリア礼拝堂の右隣の4階建ての建物の地下に、聖アマドゥールを埋葬た地下礼拝堂があります。
その他、聖アンナ礼拝堂と聖アマドゥール礼拝堂、聖ヨハネ礼拝堂、旧修道院宮殿と神聖美術博物館が聖域に建っています。

巡礼者の階段 Escalier des Pelerins

階段は216段あり、市街から上方の聖域へ通じています。
かつて、中世の時代には、敬虔な巡礼者は祈りを捧げながら、両ひざだけで登ったと言います。

下の市街・クロンヌリー通り Rue de la Couronnerie

クロンヌリー通りには村役場 Hotel de Ville やロカマドゥール観光案内所、ホテルやレストランやカフェ、土産物店など、家々が密集して建ち並び、ロカマドール観光の最も賑わうエリアとなっています。



ロカマドゥールの歴史

1105年にはロカマドゥールの崖の上の待避所に「小規模な礼拝堂」が在ったとされています。
1119年、この地域を治めていたラ・マルシェ伯ユーグⅦ世が修道院のための土地を寄進し、
ロカマドゥールが生まれました。

この頃、礼拝堂にはロカマドゥールの聖なるシンボルとなる12世紀に作られた
「聖母マリア像」が納められていました。
ロカマドゥールが聖地サンティアゴ・デ・コンポステーラ巡礼巡礼路に組み入れられた結果、
ロカマドゥールの「聖母マリア像」を礼拝した人々の幸運と奇跡の話が数多く伝わり、
ロカマドゥールに沢山の巡礼者が訪れるようになりました。
そして、その巡礼者が落とすお金を元に、12世紀の終わりまでには、
新たな礼拝堂など、宗教施設が完成しました。

そうした中、1166年、亡くなった村人を礼拝堂の入口に埋葬しようとしたところ、そこから保存状態の良い亡骸が発見されました。
その遺骸は、死後1,100年が経過していたにもかかわらずまったく腐敗していませんでした。
ロカマドゥールの人々は街の名のもととなった聖人を見つけたと信じ、その遺骸は、聖ヴェロニカの夫である聖人アマドゥールのものだ言われるようになりました。
その後、「門前町」としてロカマドゥールの庶民の住む「下の市街」、「上の市街」も形成され、
巡礼聖地は発展としていきました。
13世紀の終わりにはローマ教皇ニコラウスⅣ世による参拝者への「免罪符」が発行され、
ロカマドール巡礼は絶頂期を迎えます。

14世紀になると、ロカマドゥールの聖域の運営の問題から、修道士達がロカマドゥールから去って行き、
さらにヨーロッパ全土を襲ったペストの蔓延や干ばつなども発生したことで、参拝者は激減して行きました。

さらに15世紀になると、運の悪いことに崖が陥落してしまい、聖堂施設が破壊されてしまいました。
続く16世紀の後半に起こったヨーロッパの宗教戦争の一環である「ユグノー戦争」では、
プロテスタント・ユグノー派の攻撃の的となり、「聖アマドゥールの聖遺物(遺骸)」も破壊され、
巡礼の人々がロカマドールから遠退いて行きました。

ですが、19世紀の半ば1858年、カトリック教会の司祭であり、建築家でもあった
ジャン・ベティスト・シェルヴァの指導の下に、
壊滅状態であったロカマドゥールの聖域の保全と修復・再建作業が始まり、
1872年までには今日見ることのできる景観を取り戻しました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-南西フランス
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

サンシルラポピー (Sain-Cirq-Lapopie) フランスの美しい村 南西フランス

サンシルラポピー (Sain-Cirq-Lapopie) フランスの美しい村 南西フランス

断崖絶壁の町サンシルラポピー サンシルラポピー (Sain-Cirq-Lapopie) フランスの美しい村 南西フランス フランスの最も美しい村に登録されているサンシルラポピー(Sain-Cirq-L …

コルド・シュル・シエル 空の上の城塞都市 Cordes sur Ciel フランス

コルド・シュル・シエル 空の上の城塞都市 Cordes sur Ciel フランス

コルド・シュル・シエル 空の上の城塞都市 Cordes sur Ciel フランス コルド・シュル・シエル 空の上の城塞都市 Cordes sur Ciel フランス コルド・シュル・シエルは、フラン …

サン・ベルトラン・ド・コマンジュ(Saint Bertrand de Comminges) フランスの美しい村 世界遺産 南西フランス

サン・ベルトラン・ド・コマンジュ(Saint Bertrand de Comminges) フランスの美しい村 世界遺産 南西フランス

サン・ベルトラン・ド・コマンジュ(Saint Bertrand de Comminges) フランスの美しい村 世界遺産   サン・ベルトラン・ド・コマンジュ(Saint Bertrand de Co …

ドンム(Domme) フランスの美しい村 城塞都市 南西フランス

ドンム(Domme) フランスの美しい村 城塞都市 南西フランス

ドンム(Domme) フランスの美しい村 ドンム(Domme) フランスの美しい村 城塞都市 南西フランス フランスの美しい村に登録されている ドンム(Domme)は、南西フランスのドルドーニュ渓谷を …

ラ・ロック・ガジャック (La roque gageac) フランスの美しい村 南西フランス

ラ・ロック・ガジャック (La roque gageac) フランスの美しい村 南西フランス

ラ・ロック・ガジャック (La roque gageac) フランスの美しい村 南西フランス ラ・ロック・ガジャック (La roque gageac) フランスの最も美しい村 ラ・ロック・ガジャック …

プロフィール

ごほうびネットはこんな人
海外添乗員をしています。
世界の各地から旅行の情報を
お伝えします。

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

H.I.S.