スポンサーリンク

スペイン

ラ・マンチャ地方の風車の村 コンスエグラ スペイン

投稿日:2018年1月20日 更新日:

ラ・マンチャ地方の風車の村 コンスエグラ スペイン

ラ・マンチャ地方の風車の村 コンスエグラ スペイン

ラ・マンチャ地方の風車の村 コンスエグラ スペイン

ドン・キホーテの舞台となったスペインのラ・マンチャ地方、コンスエグラには12基の風車と城が、
丘の上にきれいに並んでいます。
広大な赤土の大地に、ブドウ畑が広がるラ・マンチャ地方の風車の村コンスエグラをご紹介します。

ラ・マンチャ地方(La Mancha)

コンスエグラの町

ラ・マンチャ地方コンスエグラ

ラ・マンチャ地方(La Mancha)は、トレド、シウダ-・レアル、クエンカ、アルバセテの4県にまたがり、
スペインの中央部メセタと呼ばれる海抜500m-700mの高原に位置しています。
(スペイン本土はヨーロッパではスイスに次いで最も高い所にあり平均高度は600mです)
ラ・マンチャはアラビア語で「渇いた土地」という意味を持つように夏は暑く、冬は寒く、
寒暖の差が激しく、雨が少ない乾燥した大陸性地中海気候です。
スペインでも数少ない広大な平野で、赤い大地がさえぎる物もないままに地平線の彼方まで続くのが、
このラ・マンチャ地方の典型的な風景です。
スペインを代表する作家セルバンテスのドン・キホーテの舞台になったドン・キホーテゆかりの地として、
世界中に知られています
ラ・マンチャ地方の主要な産業は、農業と牧畜業です。
主に穀物類(小麦・大麦)、ブドウ、オリーブが栽培されています。他には、サフラン栽培が有名です。
民家はラ・マンチャ地方の特徴として、家畜を飼うため間口が広く作られています。
また、暑さを防ぐためと家畜がいるため、虫や蚊の侵入を防ぐカーテンがついています。
(この辺りの7月ー8月の15:00-17:00頃は軽く40度を越えます)
この地方をバスで走ると、ブドウ畑が延々と続いていますが、ラ・マンチャ地方はスペイン全土で
ブドウの耕作面積が一番広く、ワインの産地としても有名です。
ブドウの木は日本と違い、乾燥地方は直立の低い木で、ワインのボトルには産地の名前、
酒蔵の名前と年数、アルコール度が入っています。


コンスエグラ

人口10,328 人 (2016年)
コンスエグラの町の名前の意味は、コンは一緒、スエグラは姑(しゅうと)という意味で、姑と一緒という意味です。この町がイスラム教徒の支配下にあった時、王はキリスト教徒の奇麗な御姫様をお嫁にむかえましたが、
彼女と一緒に母親もやって来たことから、この町がコンスエグラと呼ばれるようになったと言われています。
町の岩山には城と12基の風車が見えます。
城は8世紀にアッバース朝第2代カリフのマンスール帝によって建設され、キリスト教徒が再征服を進めていた
12世紀頃、要塞として聖ヨハネ騎士団が増改築したものです。
また風車は円筒形で必ず丘の上にたっています。
丘の上にある理由は、風の力により石臼を回し粉を挽く為に、強い風が必要だからです。
古い記録によるとラ・マンチャ地方に風車小屋が出現したのは1575年のことだそうで、
この形式の風車は14-15世紀低地オランダで揚水用として発達したものだといわれています。
現在は実用には使われていず、個人の所有で、売店や、カフェになっています。
売店の風車は、中も見学できます。。
コンンスエグラの風車群は、2008年、スペイン重要文化財に登録されています。
コンスエグラは陶芸の町でもありますし、サフランでも有名で、毎年10月下旬にサアフラン祭りが開催されます。

コンスエグラの風車

コンスエグラの風車

プエルト・ラピセー

人口947人(2016年)
この町に16世紀の旅篭屋風な雰囲気をだしたレストランと休憩の場所があります、
ツアーでは、セルバンテスが実際に何回も泊ったことがあるという元旅籠(今はレストラン)
La Venta del Quijote(ペンタ・デ・キホーテ)で
30分位トイレ休憩を取ることが多いです。、
入り口左手にドン・キホーテの像が有り、入り口を入り中庭の右手に売店があり絵葉書、
ワイン、チーズ、サフランなどが買えます。
中庭の左手にはトイレ(チップ不要)中庭の奥にバーがあり、バーの左手にはワインを保存する大きな壷やブドウをしぼる圧搾機もあります。

プエルト・ラピセー

セルバンテスの泊まった旅籠 ペンタ・デ・キホーテ

パッケージツアーではなく、こだわりのあるスペイン旅行をしたいという方

タウンライフ旅さがしで検討してみたらどうでしょうか?

「タウンライフ旅さがし」は海外旅行見積もり・プランの一括問い合わせサイトです。
完全無料で複数の旅行会社へ一括で見積り依頼・問い合わせをすることができます。
行きたい旅行について簡単なお問合せフォームに入力し、
旅行会社を選択・提案依頼を送信するだけで、
各地域を専門に取り扱う旅行会社が日程や予算等、お客様のご要望に合わせて
最適なプランを無料で作成・提案してくれます。
全く同じ条件でも旅行会社によって料金やプランは異なりますので、
複数の旅行会社へ問い合わせすることは非常に重要です。

1社1社個別で問い合わせをする面倒がなく、
簡単に一括で問い合わせが出来る「タウンライフ旅さがし」を是非ご活用ください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-スペイン
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

世界遺産コルドバの観光と歴史とメスキータ スペイン Cordoba

世界遺産コルドバの観光と歴史とメスキータ スペイン Cordoba

世界遺産コルドバの観光と歴史とメスキータ スペイン Cordoba 世界遺産コルドバの観光と歴史とメスキータ スペイン Cordoba コルドバはどちらかというときらびやかさよりは、いぶし銀のような風 …

スペイン観光基本情報

スペイン観光基本情報

スペインの観光に必要な基本情報をまとめました スペイン エスパーニャ王国 Reino de España(英語名)Spain スペインの旗   上から赤・黄・赤の国旗 中央の紋章は5つの王国(カスティ …

ミハスの観光 スペイン アンダルシアの白い村(スペイン語: Mijas)

ミハスの観光 スペイン アンダルシアの白い村 (Mijas)

サン・セバスチャン通り ミハスの観光 スペイン、アンダルシアの白い村 (スペイン語: Mijas) ミハス観光名所をご案内します。ミハス 人口77,521 人 (2014年) ミハスは、スペイン、アン …

世界遺産の古都トレドの観光と歴史 スペイン

世界遺産 古都トレドの観光と歴史 スペイン Toledo

世界遺産の古都トレドの観光と歴史 スペイン 世界遺産の古都トレドの観光と歴史 スペイン Toledo 世界遺産の古都トレドは三方をタホ川に囲まれ、ギリシャ生まれの画家エル・グレコが創作活動にいそしみ、 …

バレンシアの観光 オレンジとパエリアと火祭りの街 スペイン(Valencia)

バレンシアの観光 オレンジとパエリアと火祭りの街 スペイン(Valencia)

バレンシアの観光 オレンジとパエリアと火祭りの街 スペイン バレンシアの観光 オレンジとパエリアと火祭りの街 スペイン バレンシアの州都バレンシアは、スペインでは、マドリード、バルセロナに次ぐ第3の都 …

プロフィール

ごほうびネットはこんな人
海外添乗員をしています。
世界の各地から旅行の情報を
お伝えします。

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。